※2024年3月号からの申込みは3月15日まで!【定期季刊誌】あいち食べる通信

※2024年3月号からの申込みは3月15日まで!【定期季刊誌】あいち食べる通信

定期購入価格2,300

0ポイント獲得できます

レビューはまだありません

数量

この商品について問い合わせる

アイテム説明

【あいち食べる通信とは】


あいち食べる通信は、愛知県内の一次産業農家さんや生産者の方々の想いやこだわり、情熱や夢をクローズアップした地域情報誌です。
冊子とともに、彼らの想いが詰まった生産品がセットになってご自宅に届きます。

あいち食べる通信のコンセプト、楽しみ方を読む(ロクジサン) >


 

【最新号2024年3月号の予告】

 

愛知県半田市亀崎町 
伊東(株) 伊東 優さん(九代目当主)
食のそばにある「酒」


次回は、あいち食べる通信では初となる「日本酒」です。フォーカスするのは、伊東(株)の九代目当主、伊東優さんです。
ここは、知る人ぞ知る酒『敷嶋』を醸す蔵ですが、天明8年創業(1788年)以来200年ほどの歴史を一度閉じてしまいます。
そして令和3年(2021年)に再創業…「食のそばにある酒」を理想に、新たな酒づくりをスタートさせました。
食と共に…、ちいさな蔵で…、一からの再生・復活…どれもが編集部の応援精神を刺激、次号取材先となりました。
つて全国区でも知名度のあった銘蔵の、地域とともに歩んだ歴史、廃業と復活の経緯、酒造りへの考え、酒そのものの特徴など、次回では、『敷嶋』という酒にまつわる物語を多角的に編んでいきます。
敷嶋は、食のそばにあり続け、二百年後も定番の酒に。 我々は今日もひたすら旨い酒を醸し続けます。(伊東 優)    


【配送予定】

・3月下旬を予定しております。

 

【付録食材】

・お届け予定は、お酒を予定しております。

今号でお届けする食材は、「贅沢な食べるXO醤」×2種、「ご褒美素揚げ蓮根」×2パック
と特別ご奉仕の内容を予定しています!!

次回2023年3月号で「あいち食べる通信」は、満4歳です。

その節目の「特別号」と表して、今後のさらなる展開を志向し、 私たちの取り組みを多くの読者さまと共有できる特集内容となっております。

楽しみ方は人それぞれ。
届いたら、まずはぜひ誌面を読んで、生産者さんの想いを読んでください。
誌面に書いてある、美味しい食べ方もマネして調理してみると、より一層楽しめます。

関連商品

「※2024年3月号からの申込みは3月15日まで!【定期季刊誌】あいち食べる通信」のレビュー一覧

この商品のレビューはまだありません。